ニキビを悪化させるケア

ニキビを直そうとしているけれど、次から次へとできてしまう。
ニキビが悪化してしまう、など悩んだことはありませんか?
ニキビができやすい体質の人もいますが、原因の一つに間違ったケア方法があります。

早く治したい一心で自分でニキビの芯を毛穴から絞り出そうとしたりしていませんか?
白ニキビなど、まだ軽い症状のニキビは芯をとったほうが早く治ります。
それでも、肌を傷つけたりニキビを刺激すると炎症し、大きな赤ニキビへと悪化してしまうこともあります。

ニキビの悪化の多くは、刺激を与えることが考えられます。
過剰な洗顔、指で押す、薬を何度も塗る、化粧品をこまめに塗る、などニキビに触りすぎてはいませんか?
ニキビは軽い刺激でも悪化することはありますし、ばい菌も入ります。

ニキビは薬を塗ったらその後はもう触らないようにすること。
洗顔もニキビには直接触らないようにすること。
タオルもこすらずそっと水分を吸い取るように当てること。
など、注意することはたくさんあります。

ニキビはすぐには治りません。
焦らず、確実に治していくためにも過剰なケアは避け、またメイクで隠すときはニキビ用のコンシーラーや肌に優しいファンデーションを
使うようにしましょう。

ニキビから基本的なことを学ぶ

10代の頃、ニキビにとても悩まされていました。
ニキビが出だしたのは小学校高学年で、髪の毛の生え際にポツポツと・・・と思っている間に額にも出るようになりました。
中学生~高校生の頃がピークで、髪の毛の生え際、額、頬、顎、首に至るまで治らないうちに次から次へと出来てしまい、毎日どこかしらにニキビがある状態になりました。
人の目が気になるデリケートな年代、とは言えお化粧で隠すことも出来なかったので、毎日本当に辛い思いをしていました。
中でも、鼻の頭に大きなニキビが出来てしまった時には、泣きそうになったを通り越えて本当に泣きました。
ニキビケア用品を購入するにしても、学生では限界があるんですよね。
親も協力してくれましたが、それでも手あたり次第試していくわけにもいきません。
実際、効果を感じられる物には出会えませんでした。
どうしたら良いのか、考えて考えて考えて・・・、1つ実践してみました。
脂っこいものを控える、野菜など何となく体に良さそうな物を取る、決まった時間の起床・就寝、睡眠時間をしっかり取る。
何てことのない普通のことです。
ただ、これだけをしっかり意識して毎日を過ごしていたところ、少しずつニキビが減ってきました。
新しく出来にくくなってきたんですね。
もしかするとたまたま時期的に落ち着いてくる頃だったのかもしれませんが、私にとっては嘘みたいな本当の話として記憶されています。
それから社会人になりニキビが出来ることはほとんどなくなりましたが、たまに出来るとハッとして、不規則な生活を見直すきっかけとなります。
化粧品や薬で外側から整えるのも1つの方法として取り入れますが、まずは内側から。
人間の力って凄いんだなと基本的で大切なことを、ニキビは私に教えてくれました。